ドイツから日本へ RIMOWA並行輸入 担当者奮闘日記

ドイツからRIMOWA リモワ(リモア)スーツケースを並行輸入し格安販売する、兵庫県の株式会社シーズカンパニー。 最安値を目指し日夜奮闘する一人のスタッフの奮闘記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RIMOWA リモワ リモア スーツケースの強度は価格に比例する??

SALSA2.jpg 976classic-2.jpg 932topas-2.jpg


皆様、こんにちは!
年始早々から、沢山の御注文や御質問ありがとうございます。

当社に寄せられる、お客様からのご質問は、下記がベスト3になります。

1位:サイズ選びで悩んでいるけど、お薦めサイズはどれですか?
2位:2輪モデル、4輪モデル、どちらがお薦めですか?
3位:どのモデルが強度的に強いでしょうか?

過去に1位はコチラで書かせていただきましたし、
2位もコチラで書かせていただきましたので、本日は3位の
強度的な事で、私が感じた事を書かせていただきますね。


簡単に言ってしまえば、躯体の強度は価格に比例する!という感が有ります。
例えばポリカーボネート製でしたら、SALSAよりLIMBOが
強いでしょうし、アルミでしたらクラシックフライトより、TOPAS
、そしてTOPASよりSILVER-INの方が頑丈だと言えます。
しかし、実際に修理に持ち込まれたRIMOWA達を見ていますと、
単純な躯体の強度よりも、どういう場面で、どれ位の衝撃を受けたか?
によってモデルに関係なく大きく凹んだりしている様な気がします。
つまり、躯体の頑丈さは、それほど気にしなくても良いのでは?と、
思います。(あくまで私の意見ですが・・)

「頑丈さは価格に比例」しますが、同様に「重さも価格に比例」します。
SALSAあたりですと軽さに重きを置いた設計だと思いますので、
数十回以上酷使しますと、躯体自体が左右に少し歪んだりします。
しかし、かと言って使えなくなる訳ではありません。充分にその役目を
果たしてくれます。 これを嫌だな?って思うか、私の巾着君頑張って
くれてるな♪と思うかは、人それぞれだと思います。(もちろん私は
後者ですが・・)

昨今の機内預け入れ荷物の重量超過料金徴収も本当に厳しくなってます。
通常で考えれば長期の出張で大事な部品を運ぶので有れば、一番頑丈な
SILVERーINシリーズで!ってなる所です。
しかし私は、サルサ77サイズの2輪を使用しております。
理由は単純明快で、カバン自体の軽さ=中身を沢山入れられるからです。
逆に、1週間程度の短期の出張にSILVER-IN4輪を使用しています。
こんな感じで、人それぞれの使用用途に合わせて、モデルを選ばれたら
いかがかな?って私は思います。

「カバン選びも一種の縁のモノ♪」だと思います。
各モデルを見て“ピピっ”てきたら、後は御自分の荷物の量によって、
サイズを決める! これが案外一番お薦めかなって、私は思います。



Pht0701041348.jpg


さて<本日の午前の発送は下記の通りです>

RIMOWA リモワ LIMBO リンボ TSA 880.70
RIMOWA リモワ TANGO RIGHT タンゴライト TSA 830.63

無事に皆様のお手許に届きますように♪



テーマ:RIMOWA リモワ リモア スーツケース - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2007/01/04(木) 11:01:50|
  2. リモワ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seazcompany.blog65.fc2.com/tb.php/54-4e3462eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。