ドイツから日本へ RIMOWA並行輸入 担当者奮闘日記

ドイツからRIMOWA リモワ(リモア)スーツケースを並行輸入し格安販売する、兵庫県の株式会社シーズカンパニー。 最安値を目指し日夜奮闘する一人のスタッフの奮闘記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本日より通常営業いたしまーす♪

DSCF7640.jpg


皆様、お久し振りです♪
秋季休業中は、色々とご不便をおかけして、
大変申し訳ありませんでした。

おかげ様で、全行程3,000kmに及ぶ、今回の出張を
無事に終える事が出来ました。
上の画像は、弊社のドイツ倉庫が有る、ゴスラー近郊で
倉庫内の整理をしていましたら、驚くほど綺麗な夕焼けを
見る事が出来た際の、画像です。

今回の出張は、ドイツ人の友人2人と全行程一緒でしたので、
車内でも大変楽しく過ごす事が出来ました。
ただ連日連夜の・・「KANPA~I♪」攻めには少々疲れました(笑)
ドイツ人の肝臓は、きっと日本人の5倍は有ると思いましたよ。。。



DSCF7318.jpg


さて、上の画像は、シュツットガルトに住む友人の家での一枚。
日本では、「シュタイナー教育」と言う名称で、最近良く紹介されている
「ウォルドルフ学校」に3人の子供を通わせている家庭です。
ドイツでは、日本以上に賛否両論分かれる教育方法ですが・・・、
友人の息子達が通う「ウォルドルフ学校」の学費は月額4万円。
3人で4万円ですから、私立学校としては、高くは無いと思いました。
また保護者が、失業した際には、失業期間中の学費は免除される
との事でした。
14歳・11歳・10歳と、3人の男の子が居るのですが、
3人ともに、とっても可愛く、次々に自分達の描いた絵や工作を
私に見せてくれました。 良い子ども達だと思いましたよ。
食事前は、全員で手を繋ぎ歌を歌い、感謝の言葉を言うのには・・
ちょっと恥ずかしかったですが・・(笑)



DSCF7431.jpg


上の建物は、「ドイツ最古のレストラン」だそうです。
なんと、西暦1231年から営業しているそうですよ。
1231年と言えば・・・日本では鎌倉時代にあたります!
そう思うと、なかなか感慨深いものでございます。

せっかくだからと、コーヒーを飲んできました。
ついでに2階・3階と見せてもらいましたが・・・・
私の体重ですと・・床が抜けそうで、ちょっと怖かったです(笑)


今回は1週間でスイスを含み、ドイツをぐるりと一周する
もの凄く移動距離の長い出張でしたので、
地方ごとに異なる、建築方式など・・興味深かったですよ。
でも次は、もう少しゆっくりとした出張にしたいとも思いました。
やはり、せっかくの海外・・・物思いに耽る時間も必要かも。。。
1週間、毎日息つく間もなく仕事ばかりで、少々疲れた出張でしたが、
収穫はとっても大きかったので、結果は大満足でしたよ。

と言う訳で、今から貯まりに貯まった仕事を頑張りまーす!



テーマ:RIMOWA リモワ リモア スーツケース - ジャンル:ファッション・ブランド

  1. 2009/10/31(土) 12:57:07|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://seazcompany.blog65.fc2.com/tb.php/288-dc22c62f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。